視力回復、補正について

視力回復というのは、目の悪い人が眼鏡などを使わなくても見える状態、もしくは改善された状態まで回復することを言います。これには、トレーニングやレーシック、オルソケラトロジーなどの方法があります。この中で「トレーニング」は医療行為ではなく、医学的根拠のないものが多いようです。

また誇大広告を出したり、サプリメントや医療機器を販売して薬事y法に違反するようなところもあります。レーシックと言うのは眼の角膜にレーザーを照射して、削り取る手術のことです。これにより角膜が薄くなるため、近視用のレンズをはめたような状態になり近眼が矯正されます。蓋にする部分を作り、中を削って、また蓋をするのですが、これは完全に元に戻ることはありません。ですので、強い衝撃を受けたりすると外れてしまうことが有ります。

また、危険性も提唱されていますので、怖いと感じる方はやめておいたほうが良いでしょう。オルソケラトロジーとは、特殊なカーブのハードコンタクトレンズを装着し、角膜の形を整え補正することです。これにより、近視などを治療することが出来ます。手術などとは違い、就寝中に装着することで徐々に矯正していく方法です。これら治療の他に、メガネやコンタクトレンズを常に装着することで視力を補正する方法があります。こちらのほうが一般的ですね。